年末に向けて機材大放出!

お家に機材が溢れてきましたので、超格安で譲ります!

 

  • DJミキサー

ECLER NUO3です。

けっこうマニアックな一品で、現行モデルはNUO3.0ですが外観の違いだけで殆ど変わってません。

良いものは定番として変わらないという見本のような機材です。

 

スペイン製のDJミキサーで圧倒的な音質と音圧が魅力の高級ミキサーです。

内部電圧18Vのアナログ激太音質!

テクノ、ハウスにもぴったりかと。

特徴としてはイコライザーなどのつまみが太くまた滑らないように速乾性のラバーでできています。

他にもフェーダーが簡単に変更可能などよく考えて設計されています。

高級なパーツで出来てるので、リスニング用のプリアンプとしても優秀だと思います。

またしてもOtaiのWEBが分かりやすく説明されてたので、掲載しておきます。

https://www.otaiweb.com/shop-item-fidpecl_2.html

  • Ecler Nuo3  39.800円です。

主にレコードのデジタル化で利用していたサブミキサーで実質利用時間は100時間もないくらいです。

外観も結構きれいです。

箱は無いですがハードケースお付けします。

ただ、ビンテージ機材なのでしょうがないですが、EQにちょっとだけガリがあります。

 

利用時間を考えると摩耗ではなく、「しばらく使用していなかったことによる極薄い酸化被膜の形成によるもの」だと思うので、ケイグのDeoxIT D5(https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/43975/)を極少量ポット内部に使用することで解決します。海外の有名オーディオメーカーの中には、ポットやスイッチのメンテナンスにはこのケイグを指定し、それ以外の使用を認めない(保障対象外)としているところもあるくらいの高性能の接点復活保護剤です。

まあ、ほんの少しのガリなので気にならない人は気にならないと思います。

高級機材なので趣味性が高い一品ですが、欲しい方いればお譲りします。

 

  • エフェクター

昔、お店で使っていたパイオニアEFX-1000 も格安で大放出!

今なら外箱もあります!

 

EFX-1000はもう今は廃盤ですが、正直現行のRMX-1000より音が良いです。

音にこだわる僕も納得の出音です。24bit/96kHz

RMX-1000は音が少し劣化するので、今も導入を控えていますが(インサートケーブル買ってないので)、売れなかったら再度お店への導入も考えています。

特にエコーの効きが良くて、DJやるときは現場に持ち込もうかな?と思ってるくらい好きな機材で、うちにも別で一台あります。

パイオニアのミキサー使ってる人は、センドリターン端子あるので、問題なく導入出来ます。

DJM-250はセンドリターンないので、マスターアウトに接続する感じです。

Ecler Nuo3は、センドリターンありますが、アレヒの PX5と同じく pre/post方式なので、縦フェーダーを下げないとEFX-1000の音100%に出来ないので、マスターアウトに接続する方が良いです。

 

DJ以外にも、LIVEにもおすすめな機材です、実は今流行のボコーダーも付いてるんですよね。

https://www.otaiweb.com/shop-item-fidty1313.html

  • EFX-1000  29.800円

Otaiwebの中古の品と同じく、ジョグのラバーが少しべたつきますが、それ以外は全く不具合ありません。